トップページ

いろは教室とは

いろは教室は、埼玉県深谷市の静かな住宅街にある、学習クラスと習字クラスを運営する小さな学習塾です。

当教室では習字と読書、そして作文という、いつの時代にも必要不可欠な「読み書き」の基礎をはぐくむことを通して、子供たちの未来に資する教育を実現することを目的としています。

日本では昔から、美しい字を習うことから、同時に学びの姿勢を修得してきました。

それはたとえ情報機器が発達して、過去に比べて手書きの機会が著しく減った現代においても有効な教育の在り方です。

しかし、現代においては先人や外国の知恵を倣うだけでは不十分であることも事実です。溢れる情報を捌き、そして自らが情報の発信者とならなければ、社会の前線で活躍することはできません。

いろは教室に通う子供たちには、習字クラスで古き良き伝統的な学びを楽しみ、学習クラスでは基礎的な学力と、今の時代、今の社会から必要とされている情報発信の技能の基礎を培い、実社会において実践することに挑戦してほしいと願っています。

習字クラスの特徴3つ

子供のための習字教室

5歳から中学3年生を対象とした、子供のための習字教室です。美しい文字は一生の宝になります。

作品が代表に選ばれる

えんぴつの持ち方などの基礎から発展まで学び、学校のクラス代表や展覧会で代表として選ばれるようになります。

少人数制で地元密着型

教室はとても親しみやすい雰囲気です。少人数制で丁寧な個別指導なので、分からないことがあった時は、すぐに質問できます。

習字クラス

丁寧な字、雑な字、力強い字、繊細な字……

人は見かけによらないものかもしれないけれど、字にはその人の性格が表れるもの。
自分の字を磨くことは、自分の人品を磨くこと。

習字クラスでは習字の学習を通して、整った字を書く基礎と学びの姿勢の基礎をつくることを目標に指導して参ります。

保護者様の声

子どもが楽しんで通っています。少人数で先生もよく見てくださるので、聞きたいことなどもすぐに聞けて解決でき、学習も嫌がらずに頑張れています。

本の貸出もしてくれるので、読書に親しむ時間も持ててありがたいと思います。

書道・学習以外にもボードゲーム会・ワークショップなどもあり、様々な体験ができるのも魅力です。

※継続して練習することで、写真のように成果が現れます。

生徒の作品

教室の様子

住宅街にある個人経営の小さな塾で、生徒がリラックスして集中できる静かな教室です。
同時に生徒がよく笑う、温かみのある教室です。

教室長のご紹介

教室長:加藤広嗣(雅号:祥石)
深谷市育ち。熊谷西高校 卒。神戸市外国語大学 卒。
学生時代から学習塾で講師をしていました。都内の作文教室での指導経験もあります。
書道は大人になってからはじめ、現在は臼井南風先生に師事し、慶山会という書道グループに所属しています。夏の展覧会に向けて精進中です。
何かを知るということ、わかるということ、できるようになるということは本来とても楽しいものです。
自分自身、学ぶことが好きな人間なので、生徒たちと共に楽しく学び続けていきたいと思います。

いろは教室の学習クラス

いろは教室では、小学生高学年~中学生までを対象とした学習クラスも行っています。無料体験授業も受付しております。