習字・勉強の少人数指導

最新情報――直近の講習・イベントなど――

読書感想文コンクール、校内代表に選ばれました。

当教室、学習クラスの生徒の作品が校内代表に選ばれました。
後日、詳細報告致します。

 

ワークショップ

オリジナル筆置き・箸置きづくり
第1回型づくり 

10月13日(日)13:30〜14:30(予定)

第2回仕上げ(色塗り・ニス塗り)

10月20日(日)13:30〜14:30(予定)


幼稚園生・小学低学年からでも楽しめるワークショップです。
石粉ねんどを使って、習字の授業で使える筆置きをつくります(箸置きにもなります)。
ねんどを乾かしてから色塗りをするため、2回にわけます。

 

参加費:
ワークショップのみ400円
ワークショップ・ボードゲーム両方参加で800円

 

同時開催ボードゲーム会

10月13日(日)14:30〜16:00(予定)
10月20日(日)14:30〜16:00(予定)

ようこそ、いろは国語教室へ

お申し込み・お問い合わせはお電話
048−501−5693

 

または以下のメールフォームから
お問い合わせメールフォーム

 

習字クラス

幼稚園児から中学生まで、硬筆・毛筆を勉強します。

 

学習クラス

半自習型の学習クラス。国語・数学・英語を中心に、作文の指導も行います。

お月謝等、諸経費について

 

ワークショップ

年に数回、勉強から離れて、創造力を培う楽しいワークショップを開催しています。

 

ご挨拶

 

講師紹介

 

教室の様子

生徒作品や教室・授業の様子などの写真を載せています。

 

ご挨拶

いろは国語教室は、埼玉県深谷市の静かな住宅街にある、小さな学習塾です。
当教室では習字と読書、そして作文という、いつの時代にも必要不可欠な「読み書き」の基礎をはぐくむことを通して、子供たちの未来に資する教育を実現することを目的としています。

 

日本では昔から、美しい字を習うことから、同時に学びの姿勢を修得してきました。
それはたとえ情報機器が発達して、過去に比べて手書きの機会が著しく減った現代においても有効な教育の在り方です。

 

しかし、現代においては先人や外国の知恵を倣うだけでは不十分であることも事実です。
溢れる情報を捌き、そして自らが情報の発信者とならなければ、社会の前線で活躍することはできません。

 

いろは国語教室に通う子供たちには、習字クラスで古き良き伝統的な学びを楽しみ、
学習クラスでは基礎的な学力と、今の時代、今の社会から必要とされている情報発信の技能の基礎を培い、
実社会において実践することに挑戦してほしいと願っています。

 

教室の様子

教室の様子。

 

 

生徒作品です。

 

 

書初めの様子。

 

 

月一程度、ボードゲームをしたり、ワークショップをしたり。
仲良く楽しく。

 

講師紹介

教室長:加藤広嗣(雅号:祥石)

深谷市育ち。熊谷西高校 卒。神戸市外国語大学 卒。
学生時代から学習塾で講師をしていました。
都内の作文教室での指導経験もあります。
書道は大人になってからはじめ、
現在は臼井南風先生に師事し、
慶山会という書道グループに所属しています。
夏の展覧会に向けて精進中です。

 

何かを知るということ、わかるということ、できるようになるということは
本来とても楽しいものです。
自分自身、学ぶことが好きな人間なので、
生徒たちと共に楽しく学び続けていきたいと思います。

2019年慶山会書道展

8月21日〜25日の期間、銀座貿易ビルにて。

私も拙作ながら出品させていただきました。


トップページ 習字クラス 学習クラス 授業料 時間割 アクセス